とりあえずブログ

とりあえず知り合い用ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人生を変えた一冊

突然ですが、皆さんは好きな作家いますか?
作家じゃなくても、この人の書く歌詞が好き。この人の作曲した曲が好きなど。いろいろあると思う。
私はミスチルの過去の歌(over、tommorow never knows、名もなき詩、イノセントワールド、シーソーゲーム、Anyなど)が好き
歌に影響されたことなどはないけど、勇気を与えてもらったのは確か。

で今日のブログでは私が人生のバイブル(大げさ言うな)にしようと決めた本を紹介します。
けっこう有名と思うんだけど、Dカーネギーの「人を変える」という本です。
少なくとも読書嫌いな私でも読破できるほど面白い。
でここから先はROと関係ない上にだらだらと書いてます

私が本で影響うけるってことは今までなかったんですよねぇ。
特に本が好きというわけじゃないし、小説も好きじゃないし。
ただこのカーネギーには名言がありまして

幸福 ・・・
幸不幸は、財産、地位、あるいは職業などによって決まるものではない。何を幸福と考え、また不幸として考えるか・・・その考え方が幸不幸の分かれ目なのである
幸福への道はただ一つしか無い。それは我々の意思の力ではどうにもならない事柄について悩む事をやめることにある
過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の枠の中で生きよう
幸福になりたければ、やれ恩を返せだの恩知らずだのと言わないで、人に尽くす喜びだけを生き甲斐にしようではないか。
他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば人生が明るくなる
みじめになる秘訣は 自分が幸福か幸福でないかを考える暇を持つことである
私たちの人生を彩るさまざまな事象のうち、およそ90%は正しく、10%は誤りである。幸福を願うのなら、やり方としては、正しい90%に力を集中し、誤った10%は無視すればよい。もし苦悩と悲惨を願い、胃潰瘍になりたいのなら、誤った10%に力を集中し、栄光に満ちた90%を無視すればよい

自分 ・・・
人間嫌いを直す簡単な方法は一つしかない。相手の長所をみつけることだ。長所は必ずみつかるものだ。
自分の欠点ばかり気になり出したら、そんな劣等感を直してくれる人間はこの世に一人しかいない。つまりあなた自身だ。直し方は次の言葉に尽きる。
「おのれ自身のことを忘れよ」 恥ずかしくなってきたり気おくれしたり、自分が気になり出したりしたら、すぐその場で何か他のことを考えることだ。人と語り合う際には、話題以外のことはいっさい念頭にはおかない。相手がこちらのことをどう思っていようが、こちらの話しぶりをどう思っていようが、決して気にしないことだ。自分のことは忘れて、先を続けることだ。
不可能だと思わない限り人間は決して敗北しない
人間は逃げ場がなくなれば、不幸と災難に耐え抜き、それを克服することができるものだ
何かを成し遂げようという気持ちが無ければ、世間のどこへ行っても頭角を現せない
他人に興味を持つことによって自分自身を忘れよう。毎日、だれかの顔に喜びの微笑みが浮かぶような善行を心がけよう

対人 ・・・
深い思いやりから出る感謝のことばをふりまきながら日々を過ごす・・・これが、友をつくり、人を動かす妙諦である
自分に関心を持ってもらうために2年間費やすよりも、他人に関心を持てば二週間でよりたくさんの友人を作ることができる。
あなたが明日会う人々の四分の三は、「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。この望みをかなえてやるのが、人々に好かれる秘訣である。
十人中九人は、親しくなってみると前より好感が持てる。
相手は間違っているかも知れないが、彼自身は、自分が間違っているとは決して思っていないのである。だから、相手を非難しても始まらない。非難は、どんな馬鹿者でもできる。理解することに努めねばならない。賢明な人間は、相手を理解しようと努める。相手の考え、行動には、それぞれ、相当の理由があるはずだ。その理由を探し出さねばならない・・・・そうすれば、相手の行動、さらには、相手の性格に対する鍵まで握ることができる。ほんとうに相手の身になってみることだ。
他人に何か行動を促す唯一の方法は、相手が欲しがっている物について語り、どのようにしたらそれを手にできるかを相手に示してあげることだ。

勇気 ・・・
大抵の者は自分でも思いがけないほどすばらしい勇気を持っている
もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる
もし何かを恐れているなら、他の人々もあなたと同様、何かに対して恐怖心を持ったことを思い出していただきたい
恐怖を克服する決心をしさえすれば、たいていの恐怖は克服できる。恐怖は人の心の中ににしか存在しないからだ。
勇気ある人間になりたければ、本当に勇気があるかのように振舞うことだ。そうすれば元気が出てきて、「自分だって、あれくらいのことはできるのだ」という気になるから妙だ。
優柔不断は疑いと恐怖心を生み出し、行動は勇気を生み出す。恐怖心を克服するには、家に閉じこもってくよくよしていては駄目だ。外へ出て仕事に精を出すことだ。

仕事 ・・・
この世は、興味あるもので満ち満ちている。こんな素晴らしい世界で、だらだらと人生を送るのは、もったいない。
もし人生に退屈しているなら、何か心からやり甲斐があると信じている仕事に没頭することだ。「この仕事こそ生き甲斐だ、死んでも悔いはない」という気持ちで働けば、夢のように幸福な人生が訪れる。
我々の大切な任務は遠くにあるぼんやりとしたものを見ることでは無い。はっきりと手近にあるものを実行することである
精を出して脇目もふらずに働く。これがこの世でもっとも安価な、そして最上の健康薬である。
仕事が面白い「ふり」をすると、それだけで仕事が本当に面白くなるから妙だ。疲れをあまり感じなくなるし、緊張も解け、心配も柔らぐ。
楽しそうに振舞っていると、いつか本当に楽しくなる。物事に熱中するにはこの手に限る。仕事にしろ会議にしろ、面白くてたまらないといった態度でとりかかれば、いつの間にか本当に熱中している自分に気がつくものだ。
成功者とは、失敗から多くのことを学び取って、新たに工夫した方法で、再び問題に取り組む人間のことである。
一見たいしたことない仕事でも、思い切って全力を注ぐことだ。仕事を一つ征服するごとに実力が増していく。小さい仕事を立派に果たせるようになれば、大仕事のほうはひとりでに片がつく。

はい。ここまでご苦労様でした!
まあ実は某サイトからのコピペなんですがご容赦を!
本当なら本でじっくり読んでほしいところですけどね!
少なくとも私はこの本に影響されたし考えが変わった。
人間関係で挫けそうになったらまた読もうと思ってる。

ああそうそう、もう一冊「道は開ける」という本もお勧め。個人的には「人を変える」が一番好き
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 00:57:10|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久しぶりに信長 | ホーム | はあ>>

コメント

ピチピチの頃に読んだ気がします
  1. 2007/12/02(日) 11:43:18 |
  2. URL |
  3. Vapula #-
  4. [ 編集]

けっこう古い本みたいすね。
でも今でも十分薦めることができる本だと思うます
  1. 2007/12/04(火) 00:42:15 |
  2. URL |
  3. くろす #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuros0816.blog82.fc2.com/tb.php/402-6c4866aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くろす

Author:くろす
鯖 :Iris在住
所属G:今のところあてはナシ

(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター


無料カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

要望・苦情・名前の削除要請などはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。